先週2020年9月30日から10月2日にかけて、東京ビッグサイトでインターナショナルシーフードショーが開催され、昨年に引き続きオーシャンアイズも出展しました。去年よりも広い2小間のブースには、バージョンアップされたばかりの「漁場ナビ」のデモ機を展示した他、「SEAoME」の紹介も行いました。これまで様々な媒体で取り上げて頂いた事もあり、企業や自治体を中心に大勢の方が終日絶え間なく来訪され、スタッフの説明を熱心に聞き入っておられました。ブースにお越し頂いた皆様には改めて御礼申し上げます。

なお、主催者発表によれば、COVID19の影響もあり、出展小間数が1/3に減ったにもかかわらず、インターナショナルシーフードショーへの来場者数は9,400人を超えたとのことです。

 

ブース全景

説明中の田中社長