2021年8月10日に、京都産業21「次世代地域産業推進事業」補助事業の報告会「水産業デジタライゼーション」事業成果報告会がオンラインで開催され、自治体関係者をはじめ40名近い参加者が集まりました。報告会では、オーシャンアイズの提供するサービスの説明や、本補助事業で共同開発された「急潮アラート」に関する講演、京都府での急潮にかかる課題や、福井県の定点観測情報を利用した操業支援など各地域で取り組んでいる海洋データ活用の例などを紹介しました。また、後半にはパネルディスカッションを行い、各テーマに関する議論から温暖化に対する緩和と適応の重要性などこれからの水産業の課題を話し合いました。アンケートの結果は概ね好評で、特に急潮への対策については、各自治体でも定置網漁業への被害などが問題になっており、今回の報告会が参考になったなどの感想をいただきました。

Peatixイベント詳細ページ
https://oceaneyes-alert.peatix.com