当社研究員 横井 孝暁らの研究論文 “Effect of Seychelles Dome intensity on nutrient supply to the mixed layer: Insights from a coupled physical-biological model”が、海外論文誌Journal of Marine Systemsに採択されました。本論文は、インド洋南西部熱帯域のセイシェルドーム上空における垂直方向の栄養塩供給の季節的・経年的変動を、高解像度の物理・生物海洋結合モデルを用いて研究したものです。論文はこちらでご覧頂けます。

本研究は、株式会社オーシャンアイズとして、初めて学術論文誌に掲載された論文となります。