京都で開催された、京都大学学術情報メディアセンターセミナー 「気象とAI」にて、飯山准教授が「パターン認識技術の水産業への応用」で発表しました.