2021年10月18日付けの日刊水産経済新聞にて、オーシャンアイズ取締役で滋賀大学データサイエンス学部の飯山将晃教授のAIによる漁場予測に関する取り組みが取り上げられました。遠洋カツオ竿釣りを対象としたこの漁場予測技術の開発は静岡県との共同で取り組んでおり、人工衛星情報からの海面水温図を元にAIで漁場を予測しています。一般的に3割弱と言われている人の予測に対し、今のところ5割程度の割合で漁場を予測することができているとの結果が出ており、漁場探索の時間短縮、燃料代の削減などカツオ漁業への貢献や他の漁業への応用が期待できます。

日刊水産経済新聞サイト
https://www.suikei.co.jp/遠洋カツオでai漁場予測/